Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
モーゼが海を割る
 本日、立秋だという事ですが家の近辺のセミは構わず大絶賛営業中で、連日朝5時には目が覚めてしまう柘植です。

なにか涼しげな話題...という事で個人的にダムがとても好きなので時々web上で色々探してみているのですが、ちょっと他に無いような画像を見つけました。


モーゼが海を割った瞬間の画像(左側の黒衣の人物がモーゼです)...


...では勿論 無く。(スイマセン)

タイにあるダムの画像です。
タイのラヨーンでAnan Charoenkalさんが撮影したものだそうです。
ダムから農地へ水を供給している平和な一場面...だそうですが、働くおじさん的ダムに あるまじき美しさ+ちょっと怖さ。です。


穏やかな水の色と、平和に暮れゆく美しい空の色ともあいまって、ぱっと見た瞬間はとても涼しそうだと思いました。

が、ダム派だと水の経路やダムの形式等考えてしまい、だんだん体温が上がりそう?な一枚です。(立っている2人はダムの職員サンでしょうか...?一般の方?)


オマケ?でスティーブン・キング的に何かを啓示しているかのような雲の画像を付けて。
 皆様、良い立秋を。























| sumireco | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
続々・涼を呼ぶアレ
 ホラー・サスペンス、アイスノン、と涼しげな存在が続いておりまして、自分の涼しげアイテムを考えてみた柘植です。


涼しいもの...。 滝?
という連想で...滝を色々検索してみました。


少し遠いのですが、岐阜県、三重県、大分県の滝が出てきました。
養老の滝(養老公園 納涼滝まつりが開催されるそうです)、赤目四十八滝、慈恩の滝 等々...


滝は大量のマイナスイオンが発生する場所のようなのですが、(私は、「これはマイナスイオン沢山出てるう」とか実感した経験が無いのですが...)とりあえず常時大量の水が流れているのでビジュアル的には大変涼しそうではあります。

何故、滝の周辺に大量にマイナスイオンが発生し続けているのか、解説してくれている文章を貼付させて頂きまして、あとは滝の涼しげ風景を見て頂ければと...

皆様、良き納涼を...





滝の周辺のマイナスイオン発生のメカニズム

滝の水が落下して水面や岩に衝突して発生する「水しぶき」がその 役割を担います。水しぶきが発生する際には、水滴の粉砕現象が瞬間的に 起こります。水滴は粉砕されると、その周りに電気二重層を形成する性質があり、 水滴面はマイナス電位に、その外側はプラス電位になります。 
つまり、新たな水滴が出来るたびに水滴の外側はプラス電位になろうとしますので、 結果として、それに触れている空気はマイナスに帯電します。このため、付近の 空気中にマイナスイオンが発生することになります。 

これはドイツの物理学者フィリップ・レナード博士が学説として発表したもので、 その名にちなんでレナード効果と呼んでいます。



| sumireco | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
コミュニケーション...
最近、ベランダに出て植物に水をやる際に「植物の言葉が判れば便利なんだけど...」と思う柘植です。

しばらく前からミントが下の葉っぱから少しづつ枯れ始め、「?」と思って水やりの回数を増やしたのですが、そうしたら枯れた部分が増えなくなり。

そうして漸く水が足りなかった事に合点がいった訳なのです。。。


ミントのサインは「枯れていく」でしたが、そんなドの付くほど受け身なサインではなく、「もっと水が欲しいんだけどね」と呟くとか積極的に出て欲しかったです。(無理な注文!)


それに関連して、以前から気になっている事がありました。
「ベビーサイン」

WIKIりますと...





ベビーサイン
ベビーサイン(baby signs)とは、まだ言葉を話せない乳幼児との、手話や身振り・手振りのジェスチャーを使ってコミュニケーションを行う手法、または、そこで用いられるさまざまなジェスチャーを指す。

概要
児童心理学者のリンダ・アクレドロとスーザン・グッドウィンが、アメリカの国立児童保健・発達研究所の助成を受け、1989年より乳幼児の自己表現行動を研究し、ベビーサインを提唱した。犬、魚、カンガルーなど動物の姿や物の形を模倣して表現する他に、怖い、眠いなどのように動作・運動を示すジェスチャーがある。それらを組み合わせて、文脈のあるメッセージも伝達することが出来る。現在、「ベビーサイン」はアメリカの「Baby Signs Inc.」の登録商標である。
効果としては、育児のストレスの低下、乳幼児の健康と安全に効果的(「痛い」「熱い」などのサイン)、親子の絆が深まる、コミュニケーション能力の向上、話し言葉の習得に好影響、などの点が考えられている。
日本ではアクレドロ、グッドウィン両博士の認可の下、NPO法人日本ベビーサイン協会が設立され、日本国内におけるベビーサインの普及活動および講師の育成活動をおこなっている。理事長は吉中みちる。


批判
ジェスチャーで簡単に気持ちが伝達できるようになると、肝心な言葉を「覚え」「話す」という発達が遅れるのではないかという批判も存在する。


等々出てきます。初めて知りましたが批判もあるのですね。



以前、むずかってわあわあ泣く赤ちゃんを抱いたママさんが「何が欲しいの?どこか痛いの?」と半泣きになっているのを見た際に、「ここでベビーサインが出れば...」と思った事がありました。人其々ありましょうが、双方のストレスはアッという間に無くなる、もしくは軽減されるのでしょうか...?


言葉以外のサイン。雰囲気。その場の空気。

コミュニケーションが大切。という事は重々承知しつつ。言葉、及び言葉以外の様々なサインを汲み取る事。

まだまだ発展途上の身として、学ばせて頂く事 多き日々です。


| sumireco | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏夏
 皆様 お...

「お暑うございます...」と言っても言わなくても暑いものは暑い...と思っていてもツイ言ってしまう「暑~い~」


時々面白がって部屋の温度をあちこち測っていたのですが昨日、その日の3度目シャワーを浴びている際に何気なく浴室の内壁に触ったら。熱い。

西日が当たり続ける壁なので、温泉卵出来ますか的に熱くなってました。


おそらく同じ建物の入居者の方々の壁も同じ状態な筈。
何か良い案は...と思ったのですが、考え始めるとほぼ同時に外にセミがやってきて営業を開始したので、考えるのもアレな状態になって中断してしまいました。

その後洗濯物を取り込んだら、もうカラッカラに乾いてました。

良い事も沢山あるのですよね。
自分の体質改善に勤しんだ方が省エネなのかな~と思った夏の午後でした。


| sumireco | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
欲しいもの...
 1年の半分が終了し、折り返し地点に来ましたね。

1年の計は元旦にアリ、という事で目標を立てたのですが、完了まであと半年、となると少し焦ってしまうのですが。

私は、何処に到達する想定なのかハッキリさせておかないと最初の1歩も覚束ないという事で今年はその想定を割とハッキリさせてあるのですが、その中に「生活を確立させる為の装備を揃える!」...という個人的な計がありました。


少ない力で生活が上手く回るように...という思惑だったのですが、その装備がなかなか(全く)揃いません。

例えば身に着けるもの。服や靴や帽子やなんやかんや。毎朝毎朝、服の棚の前で着るものが無くて呆然とするのに飽きた、というのもありまして...



それで。よっっしゃ決めた!こんなのが欲しい!あったら即買い!と細部までみっちりと心づもりをして目星をつけておいた御店の数々にいざ入店!


ない。のです。


あった!と思ったら超小さかったり。

あった!と思ったら化繊素材だったり。

あった!と思ったら裾がフラメンコみたいなデザイン(なんで...)だったり。


そんな日々があって燻っていたところ、友人が遊びに来て、ハンコが欲しいと言うのです。
「あ。じゃあカワイイ雑貨屋さんでも行こか。」と三宮に行き、あちこち巡り歩いたのですが、彼女の思っている物がなかなか見つからないようです。

「...どんなのが欲しいん?」

と休憩していたカフェで聞いてみた所、「持ち手付のカゴ。山で草摘みするようなカタチの。素朴な感じで。」という事で、その想定が非常にハッキリしていたので、その場で絵を描いてみて、「こんなんの中にある?」と聞いてみました。


「これ!これ!こんなんの、1cm位の大きさのやつ!」

という事だったので、翌朝、使わないハンコを潰して彫って進呈する事にしました。

構想3分、所要時間30分程度。


早い...



という訳で、装備は自作する事にしました。

早く気付けばよかった。。。










| sumireco | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
さいきんの話
打って変わって晴天の本日。皆様いかがお過ごしでしょうか

 
本日はさいきんの話をさせて頂こうかと思います。
最近の話...ではなく細菌の話ですが。

腸内細菌が人の性格を左右しているのではないかという研究結果が、最近は続々と出ているようなので、とても気になっています。

ちょっとざっくりですが、あらましの判る文章を以下に...



●カナダのマックマスター大でがマウスの性格を調べる実験で、攻撃的なマウスと大人しいマウスの腸内細菌を交換すると、攻撃的だったマウスはおとなしくなり、おとなしかったマウスは噛み付くようになった。腸内細菌が動物の性格を決める可能性が高いことが分かった。

●カナダのマックマスター大学のCollins博士などの率いる研究チームによって、腸内細菌は宿主の成長後にも脳への影響を持ち、 それにともない宿主の行動も変化させてしまうことが分かった。
彼らはまず、健康なマウスの腸内細菌を抗生物質によって減らす実験を行った。すると、腸内細菌を減らされたマウスは、用心深さが減ったり不安感が増加したりといった症状を示した。これらの症状は脳由来神経栄養因子(BDNF)という、不安やうつ病と関係のある物質の増加を伴った。そして抗生物質の投与を止めると、マウスの行動は正常に戻ることが確認された。 

●次に彼らは、元々消極的な行動をとっていた腸内細菌を持たないマウスに、行動的なマウスの腸内細菌を移植したところ、消極的なマウスは行動的になった。同様に、普通の行動をとる腸内細菌を持たないマウスに、消極的なマウスの腸内細菌を移植すると、普通のマウスは消極的となった。



乳酸菌の研究をしている金博士は
「セロトニンは、腸内で95%つくられていることが判明していますが、乳酸菌が、人間の幸せと愛情の感覚を維持するセロトニンとドーパミンの前駆体を合成することは、数千頭におよぶ豚の実験でも見られました。
この乳酸菌を与えた豚はとてもおとなしいのです。硫化水素とアンモニアは神経毒で、腸内で微量でも神経に接するとイライラを招き、ストレスが高じてきます。怒りっぽくなり、うつ病や自殺にいたるのは、この神経毒と密接な関係があると考えられます。逆にこれがなくなると精神状態が大きく改善されます」と言っています。


また、マウスを2群に分け、一方に乳酸菌入りの餌を、もう一方には同成分の乳酸菌なしの餌を2週間与え、4分間水の入ったボウルに浸けて泳がせ、その後血中のストレス物質量を調べるという実験を行うと、乳酸菌入りの餌を貰っていたマウスは、ぐったりとしたもう一群のマウスに比較すると元気な状態で、しかも血中のストレス物質の量が半分だったという結果が発表されています。






...どこをみてもこんな結果な感じのようです。

ヒトは産まれる時、お母さんの体内で産生された乳酸菌にすっぽりくるまれて世に出てきます。
産まれる時から、人生の最中から死ぬまで。乳酸菌は人に寄り添い、その生を助けるのだろうか。。と考えてしまうトピックでした。



私が好きな乳酸菌は、芽胞を形成している種です。
これは自分を守るカプセルを自分で作りその中で自分が生きていくのに最適な環境がやってくるまでじっと耐え抜く乳酸菌です。

これは薬局でも普通に売っているのですが、このような場所で特定の薬名を記して良いものかどーか判りかねますので、控えさせていただきます。


それでは皆様...よい菌生活を。
| sumireco | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
すみれバスツアー inグリーンリモデルフェア2013
 空梅雨気味の今年でしたがここ最近は梅雨らしかったですね。

でも本日はなんとか雨は降らないで欲しい...!と2~3日前から念じておりました柘植です。
大坂で開催されるグリーンリモデルフェアが組み込まれた「すみれバスツアー2013」!

なんとか念が通じたっぽく...雲は多かったものの暑すぎる事も雨降りもなく、よい御日和でした。。。ホッ。
一応靴カバーまでバスに積み込まれているという念の入れようでしたが、
使う事なくいけました~

本日はその、すみれバスツアーの模様を御報告させて頂きます。

本日の集合は朝8時15分。例年より少し早い目の集合時間でした。
ガツンと大きいバスが、ゆったり皆様を御出迎え...皆様〜おはようございま〜す。


それではまず最初の目的地のコンペイトウミュージアムへ!


これぞ町工場や...!なコンペイトウミュージアム。
いらっしゃいませ。


日本で最初にコンペイトウを食べたあの方...(この肖像画、御砂糖でできています)

コンペイトウと関わりの深い武器といえば...火縄銃!(さわれます。けっこうずっしり。勿論弾丸は非装填ですよ)


こんぺいとうって1日機械を回しても1mmしか厚くならないのだそーです。贅沢なオヤツなんですね。

さて。こんぺいとうを作ります。体験できるのは最後の味付け工程。だってコンペイトウは1日に1mmしか厚くならないので...最初から作っていると工房に2週間缶詰です。


まず最初にコンペイトウの御勉強。(楽しいです)


さあコンペイトウ手作り体験教室の開始です。。
あっつあつのゆっくり回る釜に、味付け寸前まで仕上がったコンペイトウを投入します。


次にぐるぐるザラザラ回るコンペイトウに、まず小さな御客様の御希望の青色のミツを静かに回しかけていきます...とろとろ...


サクサク混ぜ混ぜ...まだ白っぽいですが...

すこしづつうっすらときれいな青色が掛かっていきます...コテでサクサク混ぜつつ...
そして色が決まったら御味付です。多数決にてソーダ味!あたりに一気にソーダの香りが広がります。また根気よくザラザラ混ぜ混ぜ....
出来上がったコンペイトウは綺麗に包装されて、御土産に頂けます。ちなみにソーダ味が一番人気だそーです。

こちらでは沢山のコンペイトウが作られていて。
極小のコンペイトウや果汁入りコンペイトウ、他にも和三盆のみで作られた物など色々。

私は個人的にガシッとほろ苦いコーヒー金平糖がクリーンヒットでございました。

これは古式床しい信長が食べた当時の製法で作られた、芯にアニスが入っている香しいコンペイトウです。

次に懐かしのカルメラ焼き作成実演...

御味見付きですサクサク〜  そういえば遠い昔にお祭りで見た事があるような...

ソーダ味の甘くて美味しいカワイイお土産も頂いて...さあ!行くぞ〜リモデルフェア〜!
リモデルフェアに備えて、車中にてお弁当を頂き....


到着!かなたに聳え立つインテックス大阪。大盛況です。この日の観光バス台数は160台!!

人人人々...


さて...トイレのコーナー。
やはり物凄い節水効率!1/5以下の水量となっています。
進化は続いていますね...
(しかし左手の便座...高度成長期に頑張ったオトーサンのような風格を醸しています。)

このゲートから。やはり人気の提案コーナー。見て触ってみると違いが分かりやすい!

CMでおなじみ?TOTOトイレバイク!

これぞ盛大なフェア開催中〜の図?御客様も沢山です。

沸かすのは御湯だけじゃない?幸せも沸かします。

これは何かというと...そう...あの....

ぴちょんくんの車です、黒目の部分にドアの取っ手が隠れています。

おなじみTOTOさんも大盛況!

DAIKENさんの一角では落語が始まりました。

ゲートを出ますと東北物産展「がんばろう東北!」が開催中でした。美味しいものが山盛りで、オサイフのヒモも緩みがちです。


まだまだ盛り沢山の会場でしたが、今回はこれにて...
バスに戻り、出発地の場所に帰ってきたのは3時半頃。
お疲れさまでした〜

おいでいただいた皆様、有難うございました!!またの御参加をお待ちしております〜









| sumireco | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
簾。
 今年は家でのクーラーは無し!と心に決めていたものの、この連日の暑さにより部屋に戻るとサバンナのグッタリな午後的な室温になっており、早くもヒヨっている柘植です。

最近いきなり暑いですね...


部屋のあちこちに温度計を置いて調べてみたのですが、やはり一番温度が高いのは午後中ずっと日光が当たり続ける西側でした。

窓近くの壁に触るとあっっったかいです...


これはもう放っておけないと思い、近々買っておいた分厚いシルバー色の遮熱シートを切って、窓に下げてみようと思っています。

ただ、そのままですと見た目だいぶ暑そうな上に過剰防衛サティアン風....
情緒も詩情も美しさも何もかもありません。



これは無いな....と思い、カバーする用の簾を色々検索して見ています。

沢山出てきました。


 わおう涼しげ...な日本の夏感  が漂います....



私は用意していた簾を早々と4月末〜5月初旬位に少しづつ付けていったのですが、付けると
やはり部屋の温度がサ〜ッと瞬時に下がるのがよく分かりました(付けたては早く付け過ぎて肌寒かったですが)でも。普通の窓なら良いのですが。毎日の事とて問題になるのが掃出し窓に付けた簾。


洗濯物を両手に沢山持って外に...異様に出難いのです。(特にシーツやカーペット、フトン等の大物を持って出る時)


毎朝散々、簾をバリバリ言わせながら無理に出る日々が続き、ようやっとカーテンみたいに横に引けるように、簾横部分に和紙で下張りをして、不織布で強化して縦目になるように下げ直しました。


でもちゃんと売っているのですよね。(上記画像では左上のタイプ)

他にもオーソドックスな旅館的簾とか、遮熱性に優れたハイテクな素材の物等、涼しい麻素材の物、等々出ていました。

今年も結局バタバタな準備でしたが、ここで本腰を入れてきちんと対策を取れば、来年は恙なく夏を迎える準備が出来そうです...



| sumireco | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿の角
 入梅を過ぎ、もう少しすると夏が来る...というこの時期。

しとしと雨が続く前に、しっかり部屋を片付けよう!と思い立ち、かえってありえないほど
盛大に散らかしている柘植です。


メンテナンス道具をアレコレしているうちに、アレどこやったかな?こっちかな?といってあちこちひっくり返しているうちに、万遍なく散らかし放題になってしまいました。


そんな非常時(?)の探し物はさておき、日常の探し物はなるべく無いようにしたい。

私は定位置を決めて、探さなくてもいつもその場所に置くようにしているのですが、そんな時、
これは面白い...と思うものを見つけました。

角の付いたコンセント。


文字だけで見ると、 は?という感じですが、では画像で...


部屋の中の通り道なんかに設置してしまうと、ヒラヒラのガーリーな服を引掛けてしまうかもですが、設置する場所を吟味すればこれは!かなり良いかなと...

おまけに見た目が一瞬 「?」となるのも面白いかと思い、現在買うかどうか思案中です。
抜いたコードを引掛けておいて、待機電力がカットできるのも嬉しい製品かと思いました。

socket-deerで検索すると出てくるかと思います。

| sumireco | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
酒蔵だった場所
 いきなり暑くなったりする最近...直射日光サンサンの窓辺で、横に開く簾を作りたいなどと考え込んだりする柘植です。(くぐるの大変ですよね?)

ちょっと遠出をしまして、伊丹市立美術館に行ってきました。


あと少しで会期が終了してしまう展覧会ですが...

棚田康司さんの「たちのぼる」開催中でした。




その会場は以前に酒蔵などがあった場所でもあるようなのですが(そのスジの方々には有名でしょうか。)、御庭に面したガラス貼りの通路を出て、御庭に出てから縁側の前を通り、かつて酒蔵だった建物に入る事ができます。
(酒蔵の見学だけなら無料だったと思います)

ガラス張りの通路はホワイトアウトするかと思うほどのサンサン日光で、きっと気温も凄い事になっていたかと思うのですが酒蔵に入ったとたんに、ほの暗くてひんやり...


どこかから風が入ってきて、ゆっくり吹き抜けていきます。


ひとかかえもありそうな梁が見え、足の下は土間。


この酒蔵にも作品は展示されていたのですが、素材が同じせいなのか、よく溶け込んでいるように感じました。


ここには作家物の品物を沢山置いてある御店も併設されており、その2階にも上がる事が出来ます。かつて、この場所で発掘された胞衣壺などの展示もあり、ここに生きた方々の生活を垣間見る事もできました。




たまには外に出て、いつも見られないものを見てみる。というのは大切な事なのだな...と思える有難い時間でした。
| sumireco | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

sumire

新築・リフォーム・店舗設計は、神戸市西区のすみれ建築工房へ

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode